胃酸の過剰な分泌を抑えてくれるネキシウムは逆流性食道炎などにも効果的です。私自身、胃腸の調子が良くないことが多くこのネキシウムは頻繁に使用しています。そんなネキシウムの特徴や副作用などを解説します。

NSAIDsとネキシウムの服用が脂肪分解を妨げる?

私たちの体に存在する胃酸は非常に強いもので、消化管内に進入してきたウィルスや細菌などを胎児をする役割を担っています。
しかし、それだけ強力な胃酸であるわけですからそれこそ胃の中は胃酸によってダメージを受けるのではないかと思われがちですが、実は胃の粘膜から矢プロスタグランジンと呼ばれる物質や粘液が分泌されることで自然と保護される作用が働くので、強力な胃酸によって胃がダメージを受けることはないとされています。
しかし、それは時と場合によります。
たとえば、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染していたり、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などの服用、ストレスや食生活によって胃の粘膜保護機能が弱まったりして、胃酸の分泌が通常よりも活発になることでただれたような状態になり、結果的に胃潰瘍や十二指腸潰瘍などにつながります。
このような胃潰瘍などの治療薬には、ネキシウムという薬が有効です。
ネキシウムは胃酸の分泌を抑制して消化性胃潰瘍を改善する働きをします。
ネキシウムは胃酸の分泌にかかわる酵素である細胞内のH+,KT-ATPaseに結合して働きを抑制することで胃酸の分泌を抑えて胃の中の粘膜の負担を軽減する作用があります。
胃壁細胞から分泌させるアセチルコリンとガストリンには肥満細胞に働きかけ、脂肪燃焼や脂肪分解を促すヒスタミンの分泌も促すので、実はあまり胃酸の分泌を抑えてしまうと脂肪分解の作用が低下する恐れもあります。
良く噛んで胃酸をたくさん出そうというのには実は意味があり、たくさん噛んで胃酸を多く出すことでヒスタミンの分泌を促し、結果的に脂肪分解につながるので、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの症状が出ているとは別ですがあまり長期間ネキシウムを服用するのは返って脂肪を蓄えてしまうことにつながるといえます。