胃酸の過剰な分泌を抑えてくれるネキシウムは逆流性食道炎などにも効果的です。私自身、胃腸の調子が良くないことが多くこのネキシウムは頻繁に使用しています。そんなネキシウムの特徴や副作用などを解説します。

2016年11月の記事一覧

ネキシウムとソルマックと胃癌学会について

長い歴史と伝統をもつ日本胃癌学会は、長い時間をかけて発展を遂げてきました。がん診療においても、指導的な役割を果たしています。そして優秀な診断や治療法を、日本国内ならず海外へも発信をしています。

毎日のよういに飲酒をしていると、40代以降にもなれば、胃腸や肝臓も心配になってくるでしょう。まだ20代から30代だからといって、のんきに構えてはいられません。お酒を飲みすぎてしまったり、食事を食べ過ぎてしまった翌日には、胃の重い辛い思いを体験したことがある人は多いでしょう。

そんな辛さ友サヨナラできるのが、液体胃腸薬の売上もナンバー1である、ソルマックが役立ちます。食べ過ぎてしまったり、アルコールを飲み過ぎてしまったあとの、胃部不快感や、胃のむかつきや二日酔い、悪酔いや悪心などにも効果を発揮してくれます。ソルマックの用法ですが、15歳以上の場合は、1日のうちで1回だけ、50mlを1本飲みます。食事を食べる前に飲むか、あるいは食事をしているあいだに飲みます。15歳未満の人は飲まないようにしましょう。

ネキシウムのお薬は、過剰な胃酸の分泌をセーブして、胃酸過多を改善していきます。十二指腸潰瘍や胃潰瘍、逆流性食道炎によって胃腸に感じる嫌な不快感を撃退するお薬です。胃腸の不快感はかなり辛いものがありますが、ネキシウムのお薬の場合は即効性があります。プロトンポンプ阻害薬であり、一般的な病院でも取り扱う分類です。効果が高くて、誰が使っても効果が発揮されます。

服用をするのは1日に複数回ではなく、たったの1回だけで良い服用薬ですから、あまり抵抗もありません。胃腸障害の疾患治療には優秀な効果をもたらすことになります。

続きを読む