胃酸の過剰な分泌を抑えてくれるネキシウムは逆流性食道炎などにも効果的です。私自身、胃腸の調子が良くないことが多くこのネキシウムは頻繁に使用しています。そんなネキシウムの特徴や副作用などを解説します。

2016年07月の記事一覧

胸焼けにはネキシウムを使う

ネキシウムは胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬)で胃酸の分泌を強力にブロックして胃酸過多を防ぎます。胃酸過多によって起こる、胃もたれ、吐き気、胃の痛みや胸焼け、胸のむかつきなどに効果を発揮します。ネキシウムの主成分であるエソメプラゾールは2011年に国内で承認された新しい成分です。それまでプロトンポンプ阻害薬に使用されてきたのはオメプラゾールという成分でしたが、効果に個人差があり、服用すると3人に2人が便秘などのお腹に不調が出るといった副作用がありました。ネキシウムは効果に個人差がなく、どんな人にも効果があります。腸内の働きを良くする効果があるのでオメプラゾールに代わる安定性と安全性の高いプロトンポンプ阻害薬として使用されています。また、ネキシウムは即効性があり、胸焼け以外にも胃腸障害全般に高い効果を発揮するので胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎といった病気の治療にも使われています。また、胃がんの病原菌として人体に感染するピロリ菌の除菌補助としても高い効果があります。胃内PHを24時間コントロールしますのでどの時間帯に飲んでも大丈夫ですし、服用も1日1回でいいので、続けやすいという利点もあります。ネキシウムは第1類医薬品を取り扱っている医薬品専用サイトであれば処方せん不要で購入が可能です。当然治療代や処方せん代もかかりませんし、まとめ買いなどの割引を利用すれば、かなりお得に購入することもできます。服用期間は病状によって変わってきます。逆流性食道炎の場合は1日1回で8週間まで、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の場合は1日1回で6週間までの服用となります。胸焼けや胃の痛み悩まされている人はネキシウム を使用することをお勧めします。

続きを読む

ネキシウムによる副作用とは?

ネキシウムとは胃酸の分泌を抑制する薬で、主に胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人に用いられます。副作用に関しては、胃酸の分泌を抑制するという効果の裏返しとして起こるものがやはり最も多いです。胃酸は、当たり前ですが伊達に分泌されているわけではありません。ヒトにとって必要だから分泌されているのです。その必要性とは主に二つです。一つは、食物中に含まれる細菌などを殺菌すること、もう一つは、胃液に含まれる消化酵素の働きをよくすることです。ですから、胃酸の分泌を抑制すると、この二つの働きが弱まることが考えられ、その結果として副作用が起きることが予想されます。どういう副作用が起きそうか分かるでしょうか。食事中の細菌が十分に殺菌できなかったり、消化酵素が十分に働かなかったりするわけですから、下痢を起こしそうな気がするでしょう。その通りで、ネキシウムの副作用として最も多いのは下痢や軟便です。ネキシウム服用中は、生ものや消化の悪い食べ物はできるだけ避けるに越したことはないでしょう。そのほか、胃酸の分泌抑制とは直接関係のない副作用もあります。このような副作用は、いずれも起きる頻度は非常に低いですが、重い症状を引き起こすものもあります。とくにネキシウムを服用し始めて間もないうちは、体調の変化に注意し、何か変わったことがあれば主治医の先生やかかりつけ薬局に相談するようにしましょう。そういった副作用には、以下のようなものがあります。肝炎や肝機能不全といった肝臓への副作用が起きることがあります。また、皮膚や粘膜が腫れる、赤くなるといった炎症、発疹を起こすことがあります。その他にも、アナフィラキシーショックや間質性肺炎といったものが報告されています。

続きを読む