胃酸の過剰な分泌を抑えてくれるネキシウムは逆流性食道炎などにも効果的です。私自身、胃腸の調子が良くないことが多くこのネキシウムは頻繁に使用しています。そんなネキシウムの特徴や副作用などを解説します。

ネキシウムと非ステロイド系抗炎症薬とオキセサゼイン

非ステロイド系抗炎症薬はNSAIDsとも呼ばれ、解熱、鎮痛、抗炎症効果を利用して、医薬品として頻用されています。NSAIDsの代表例としてはロキソニン(ロキソプロフェン)、ボルタレン(ジクロフェナク)が挙げられます。これらの薬はシクロオキシゲナーゼの働きを阻害することによってプロスタグランジンの産生を阻害し効果を発現しますが、このプロスタグランジンは胃の粘膜の原料ともなります。よってNSAIDsの使用によって胃粘膜が産生されにくくなり、胃炎、胃潰瘍を引き起こすことがあります。
こういった胃炎や胃潰瘍の症状にはプロトンポンプ阻害薬が使用されることがあります。プロトンポンプ阻害薬は胃壁に存在するプロトンポンプの機能を阻害することによって胃酸の分泌量を少なくする薬です。胃酸は胃壁に対して攻撃因子として働くので、胃炎の悪化因子です。それを少なくすることによって胃炎、胃潰瘍を改善するのです。その代表例はネキシウムです。ネキシウムは最も新しいタイプのプロトンポンプ阻害薬で、効率的に効果が現れるように改良されています。しかしプロトンポンプ阻害薬だけでは胃粘膜の修復が進みにくいので、ムコスタやセルベックスといった胃粘膜修復薬を併用するとより効果的となります。
ネキシウムとオキセサゼインとの併用に関してですが、オキセサゼインは局所麻酔作用のある薬です。この薬は胃壁からのガストリンの分泌を抑制します。ガストリンはプロトンポンプに存在するガストリン受容体に結合して胃酸分泌を促進する働きを担っています。つまりオキセサゼインによって胃酸分泌が抑制されるのです。ネキシウムと部分的に類似した作用機序を有していますが、両者の併用は可能です。症状がひどい時のみオキセサゼインが追加使用されることがあります。